news

2019/05/08 16:30

ブラックロジウム加工 ベル・エポック ネックレス ベネチアンチェーン付


ベル・エポックとはフランス語で「良き時代」という意味。
19世紀末から20世紀初頭の可能性に満ちたと技術革新の時代、豊かな色彩の都パリの石畳をイメージしたモチーフのネックレスのブラックバージョンです。


51石もの最高級ランクのストーンを敷き詰めたクロスモチーフは、活発で洗練された革新的な時代にふさわしいまばゆさを放ちます。
大小2つのクロスが胸元で動きを作り、存在感を示す様は圧巻とも言えるでしょう。
更にブラックロジウムコーティングを施しシックさを演出しています。
煌びやかなゴールドタイプとは異なり、落ち着いた雰囲気を醸し出します。


大小2つのクロスモチーフの組み合わせですが、それぞれにチェーンを通す穴があるので、どちらか1つだけをつけることも可能です。
カップルでシェアするのも良いかもしれませんね。


ぎっしり埋め込まれた51石のストーンは熟練の職人技で全て爪で留められてます。
中の小さいクロスにはクリアのストーンとブラックストーンを交互のセット。
ストーンカラーを統一しないことにより、より一層の存在感を際立たせてます。


チェーンはベネチアンチェーンがセットに。
スクエアタイプのパーツをつなげたタイプのチェーンなので、チェーン自体が光を受けて眩く輝き、エレガントな印象を与えてくれます。

なかなかブラックカラーのペンダント自体珍しいと思います。
いつもとは違う雰囲気をこちらのペンダントで味わうのはいかがでしょうか。